ハゲは遺伝するのか?

ハゲは遺伝するのか?

これを読んでいるあなたは

既にハゲているかもしれませんし、ハゲかけている、

もしくは、今はフサフサだが将来ハゲるのではないか心配しているかもしれません。

女性にモテるにあたって、ハゲはハンデとなります。

そんなあなたが気になるであろうこととして、

ハゲは遺伝するのか?というのが挙げられるのではないかと思います。

薄毛は父親から遺伝する、隔世遺伝する、母親の系列で遺伝する

など様々に言われます。

では、実際はどうなのでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)の遺伝

現在、男性型脱毛症(AGA)の遺伝形式については、

かなりの部分が明らかになりつつあります。

AGAクリニックには、家族がハゲているため、自分もハゲるのではないか?

と、将来を心配して相談に来る、まだ決して薄毛ではない若い人が目立ちます。

そこであなたにお伝えする、

今最も有効な説は、

「母方の祖父がハゲていると、あなたもハゲる可能性は高い!」

です。

薄毛の遺伝子は性染色体のX染色体に含まれています。

性染色体とはあなたの性別を決める染色体のことです。

X染色体は母親から受け継ぐので、ハゲやすいかどうかは、

母方からの遺伝が大きな原因になります。

つまり、母方の祖父がハゲている場合、その染色体を母親が持っているので

それがあなたにも遺伝しやすいのです。

なぜ祖父かというと、母親は女性なので女性ホルモンの影響が大きいため、

薄毛の遺伝子を持っていてもハゲにくいです。

ですから、その遺伝子を持っている男性、すなわち母方の祖父を見れば

ハゲる可能性が高いかどうかがわかるのです。

おじいちゃんがハゲていたら、自分もハゲるしかないの?

あなたは残酷な事実を知ってしまいました。

あなたのお母さんのお父さん、

つまり、母方の祖父を思い浮かべてください。

特に頭部を思い浮かべてください。

「フサフサだ!」とか、「ハゲてない!」

場合は、とりあえず安心だと思います。

逆に

「薄い!」とか「ツルツルだ!」

の場合は、残念ですが受け入れてください・・・・

あなたは遺伝でハゲる可能性が高いです!

先ほどお伝えしたように、

母方の祖父がハゲていた場合は

あなたはハゲる可能性が高いです・・・・

しかし、諦めるのはまだ早い!

確かに、遺伝は薄毛を引き起こす大きな要因の一つなのですが、

遺伝の他にも、栄養やホルモンバランス、ストレスなど

様々な因子が影響を及ぼし合い、薄毛の原因になっています。

家系に薄毛の人が多くても、早期に悪条件を取り除けば、

薄毛の発症や進行を抑えることは可能と言えます。

また、現在では、早期の薄毛と、抜け毛は医療で充分に対応が可能です。

つまり、あなたのお母さん側のおじいちゃんがハゲていたとしても、

あなたの努力次第である程度はハゲを防ぐことは可能なのです!

では、何をすればいいのか?

こちらの記事をご覧ください。

育毛の達人の効果は?