AGAの原因とは?

AGAの原因とは?

AGA(Androgenetic Alopecia、男性型脱毛症)の原因は、主に男性ホルモンです。

事故で睾丸をなくした男性や、中国の宦官(去勢された役人)

には薄毛が見られなかったことから、

ハゲの原因は男性ホルモンであることは昔から言われてきました。

しかし、正常な男子は第2次成長期に男性ホルモンの濃度が上がり、

この時期は髪の毛が長く太くなります。

もし男性ホルモンが薄毛の原因であれば、第2次成長期に髪が薄くなるはずです。

つまり、男性ホルモンが原因という考え方と逆のことが起こるのです。

男性ホルモンが原因

男性ホルモンは正式にはテストステロン(TS)という物質で、

体毛を濃くする効果があります。

TS自体が薄毛の原因になる量は少量ですが、

思春期を過ぎるとTSが頭皮の毛根細胞の中でジヒドロテストステロン(DHT)

変化することがあります。

このDHTには、TSの10~30倍の強さがあり、一説には100倍という報告もあります。

DHTが毛根に作用すると、毛乳頭が委縮し、結果、髪が抜けてしまうのです。

AGAの原因は、このジヒドロテストステロン(DHT)なのです。

AGAになってしまったら?

AGAになってしまったら、放っておくと

あとはハゲが進行してしまうだけです。

しかし、対策を行えば、維持や回復が可能です。

こちらを記事ご確認ください!

育毛の達人の効果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする