髪に良い食べものは?

髪と食事の関係はあるの?

ハゲには遺伝、生活習慣、ストレスなど

いろいろ要因がありますが、

はげている人たちの多くは、食べ物にそこまで気を遣ってないのはないでしょうか?

僕たちの体は、食べたものから作られています。

髪の毛も同じで、栄養バランスの良い食事は、

発毛を促す体づくりに欠かせない要因です。

髪は、最後に栄養が届く場所であり、髪そのものは無くなったとしても

直接命にかかわるものではありません。

ですので、体は栄養が足りなくなると、真っ先に体の末端である髪から

栄養をカットしていくのです。

栄養バランスの良い食事をするのが髪にとって大事なのは、

こういった理由なのです

どんなものを食べればいいの?

ケラチン

髪の毛の約90%は、ケラチンというタンパク質から出来ています。

18種類のアミノ酸からなるケラチンですが、

中でも一番大事なのは必須アミノ酸のメチオニンです。

メチオニンを豊富に含む食材には、

・魚介類(かつお節、しらす、すじこ、マグロ赤身)、

・肉類(鶏むね肉、豚ロース肉、)

・大豆・大豆食品(納豆、豆腐)、

・牛乳・乳製品

などがあります。

一日三食の食事の際、これらのタンパク質源を

少なくとも1種類以上は摂り入れるようにしましょう。

亜鉛

次に摂取したいのは亜鉛です。

この亜鉛も体内では合成されないため、

毎日の食事から欠かさず摂りたい成分です。

亜鉛は発毛には欠かすことのできないミネラルで、

・生牡蠣

・煮干し

・畳いわし

・豚レバー

・ビーフジャーキー

・パルメザンチーズ

などに豊富に含まれています。

ビタミン

加えて摂取しておきたいのが、ビタミン各種です。

ビタミンB群とビタミンCはアミノ酸やタンパク質の代謝のキープレイヤーです。

ビタミンB群の中でもビタミンB2は頭皮の健康を維持するのに役立ちます。

もし、これが不足すると頭皮が荒れてフケや痒みの一因となります。

ビタミンB2

・レバー

・卵

・大豆

・大豆製品

・牛乳

・乳製品

・緑黄色野菜

などに含まれています。

同じくビタミンB群のビタミンB6はアミノ酸の代謝を助け、

亜鉛の働きをサポートします。

ビタミンB6

・魚介類(カツオ、マグロ、イワシ、サバなど)

・レバー

・肉類

・バナナ

・キャベツ

・ピーナッツ

・クルミ

などに含まれています。

ビタミンCは髪の毛のタンパク質合成に一役買い、

さらに亜鉛の吸収率をアップさせます。

ビタミンC

・緑黄色野菜(ほうれん草、パプリカ、パセリ、モロヘイヤ、ブロッコリーなど)

・果物(レモン、オレンジ、アセロラ、キウイフルーツ、柿)

などに含まれています。

これらの食材から髪に良い栄養を摂取し、

ハゲを改善、または維持に役立てましょう!

■育毛の達人式Vol.2.2 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単発毛法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする