ハゲる4つの原因とは?

ハゲる原因とは何なのか?

モテるためには大敵であるハゲ。

若くしてハゲる人もいれば、

おじさんになってもフサフサの人もいます。

この違いは何なのでしょうか?

ハゲる原因は大きく分けて4つあります。

1、男性ホルモン

2、遺伝

3、食事、生活習慣

4、ストレス

これらが複雑に絡み合って、ハゲの原因となっています。

1、男性ホルモン

最も大きなハゲの原因が男性ホルモンです。

男性ホルモンの一種であるテストステロン(TS)は、

筋肉と骨の成長、声変わり、ヒゲや陰毛の成長、性欲の増進、皮脂分泌の増加など

大人になるため(第二次性徴の促進)に重要なものです。

しかし、成人後はハゲを引き起こす厄介な原因になるのです。

このテストステロンが、5αーリダクターゼという還元酵素の働きにより、

ジヒドロテストステロン(DHT)という、より強い作用のある男性ホルモンに転換されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げ、

これがハゲの原因になるのです。

簡単に書くと

「テストステロン(TS)」+「5αーリダクターゼ」=「ジヒドロテストステロン(DHT)」

⇒「天然の男性ホルモン」+「還元酵素」=「ハゲを引き起こす原因」
ということです。

モテるには男らしさ、すなわち男性ホルモンが多い方がいいような気がしますが、

ハゲを治すには、ハゲの原因であるDHTをいかに減らすかというのが重要になります。

2、遺伝

母方の祖父がハゲていると、あなたもハゲる可能性は高いです。

薄毛の遺伝子は性染色体のX染色体に含まれています。

性染色体とはあなたの性別を決める染色体のことです。

X染色体は母親から受け継ぐので、ハゲやすいかどうかは、

母方からの遺伝が大きな原因になります。

つまり、母方の祖父がハゲている場合、その染色体を母親が持っているので

それがあなたにも遺伝しやすいのです。

なぜ祖父かというと、母親は女性なので女性ホルモンの影響が大きいため、

薄毛の遺伝子を持っていてもハゲにくいです。

ですから、その遺伝子を持っている男性、すなわち母方の祖父を見れば

ハゲる可能性が高いかどうかがわかるのです。

ちなみに、僕の父、祖父(父方母方ともに)、叔父、弟、みんなハゲています。

3親等内の男性全員です。

そして、みんなモテません。

ハゲが原因かどうかはわかりません(笑)

3、食事、生活習慣

食事と生活習慣もハゲの原因のひとつです。

先ほどお伝えした遺伝は、体質なので

基本的には自分の努力でどうこうというものではありません。
しかし、食事と生活習慣は自分次第で変えられるものです。

生活習慣とは、睡眠・運動・喫煙・飲酒などです。

・食事

偏った食事バランスや栄養不足、過度のダイエット、不規則な食事時間なども

髪の毛の太さや成長のスピードに変化を及ぼし、ハゲの原因になります。

髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は

日常の食生活では十分に摂取できない場合が多いです。

ちなみに、モテるようになってくると、

女性とのデートで外食が多くなり、ハゲの原因になりやすくなるのが困りますね(笑)

・睡眠

髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌は、副交感神経の働きによるもので、

副交感神経は夜10時~深夜2時の時間帯に最も活発に機能します。

髪は、一日の中でその4時間が最も成長する時間なので、

その時間は極力睡眠にあてた方がよいのです。

そして、睡眠時間が5時間を切ると、抜け毛が目立ってくるという臨床結果も出ています。

少なくとも5時間以上の睡眠は確保する必要があります。

睡眠時間があまり取れないときには、昼寝がオススメです。

30分の昼寝は、夜の一時間の睡眠に該当するそうです。

女性にモテるようになると、この夜10時~深夜2時くらいの時間に

睡眠を取らないといけないとなるとツラいところです(笑)

・運動

運動不足は全身の血流を低下させ、髪の成長にマイナスの影響を与えます。

しかし、激しい運動は体内で活性酸素を発生させることもあり、

かえって毛根にダメージを与える可能性があります。

軽いウォーキングやストレッチなどは血行を改善します。

モテるには、運動をして体形をキープするのは非常に大切です!

・喫煙

喫煙はニコチンなどの作用で血管が収縮します。

すると、末梢の血流が悪くなり、頭皮の血流を悪化させるため髪の成長を妨げます。

他に、ビタミンやミネラルの消費量を余分に増やしてしまうという面もあります。

禁煙が難しければ、節煙をして徐々に減らしていくことが大事です。

頭髪だけでなく、全身の健康のために重要です。

身体にとっては「百害あって一利なし」です。

昔は煙草を吸ってる男がカッコ良くてモテるみたいなイメージがありましたが、

今はそんな時代でもないし、髪にも悪いので、

ハゲ対策にも、モテるためにもタバコはやめましょう!

・飲酒

飲酒自体は自分でコントロールできるのであれば、それほど悪いとは言えません。

それよりも、飲み過ぎると肝機能に障害を起こし

さまざまな病気やアルコール依存症を引き起こします。

飲酒に伴って、食事をしっかり取らなかったり、

寝る前の飲酒はアルコール作用により、本来の睡眠機能が低下し

睡眠不足になる可能性があり、それがハゲの原因になることもあります。

ただ、女性とのデートにはアルコールがある方が有利になるので

モテることを目指すのと、ハゲを治すのことの両立は大変です(笑)

4、ストレス


度な身体的ストレスや精神的ストレスは自律神経を刺激しホルモンバランスが崩れ、

過剰な血管の収縮を招くなどして血行不良をもたらし、

毛根に充分に栄養が運ばれず毛髪の成長を妨げ、その結果ハゲの原因になります。

また、内分泌系や免疫の働きにも影響を及ぼし、

ホルモンの分泌が乱れて心身の働きが悪くなったりします。

消化器の機能低下は栄養の吸収を悪くして、毛細胞への栄養供給の障害となり、

脱毛のスピードを早めるなどの、悪影響を及ぼします。

ストレスには自覚があるものとないものがありますが、何がストレスかを理解し、

解消法を実践することが大切です。

また、過剰にハゲを気にしすぎること自体がストレスの原因になるので注意しましょう。

以上、これら4つがハゲの大きな原因と考えられています。

この中で遺伝は仕方ありませんが、

それ以外の3つの原因は自分の努力次第でどうにか出来ます。

頑張ってハゲの原因を取り除き、

女性にモテるように努力して人生を楽しみましょう!

■育毛の達人式Vol.2.2 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単発毛法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする